ヤミ金の基礎知識

返す必要がない

ヤミ金は違法な金利を課したうえで返済を強要する違法業者です。
利用してしまった人には到底返済できないような金額の返済が強要されてしまいますから、利用してしまった際にはどうにかして状況から抜け出さなくてはならないということになります。

 

 

しかしここで一つ押さえておきたいのが「ヤミ金からの借金は返済する必要が無い」と最高裁判決が出ていることなのです。
最高裁ではヤミ金の契約はそれ自体が不法行為であるために法的に無効なものであるとされ、債務者は元本すら返済する必要は無いと断言されています。

 

 

そのためヤミ金トラブルが発生してしまった場合には弁護士に立ってもらうことが非常に効果的な対策となります。
もちろん実際に借金そのものを無効にするということになれば裁判を起こさなくてはならないでしょうから極めて手間が大きくなってしまいますから、実際には元本だけは返済して手打ちにするというケースが多いです。
ですがヤミ金からすれば「話がこじれると返済が一切されなくなるかもしれない」というプレッシャーがかかってくることになりますから、弁護士が間に立った場合にはトラブルの解決ができるということになるのです。

 

 

ただ注意をしなくてはならないのが「返す必要が無いから」と言ってヤミ金との関係を持ってしまうことです。
いくら法的に返済する必要が無い借金であると言ってもヤミ金は犯罪を行っている不法業者です。

 

 

その業者と関係を持つこと自体が既にリスクなわけですから、利用をしないというのが大前提であり、万が一利用してしまった時にはこう言った解決策があるのだとして理解しておきましょう。